« HTTの脆弱性(その2) | トップページ | WinXPでWPA2をサポートするアップデータが公開 »

2005/05/17

改正電子メール法成立

参照: http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0505/13/news032.html

特定電子メール送信の適正化などに関する法律、
通称特定電子メール法の改正案が5/13の参院本会議で可決、成立した。

公開しているHPで連絡先としてメールアドレスを公開している場合など
スパムメールが大量に送られてきてうんざりしているユーザも多いことだろう。
また、個人情報施行以前にはアンケートサイトで入力したアドレスに
大量にスパムメールが送られてくるようになったという話も聞いた。

最近のスパムメールは送信者情報(ヘッダのFrom欄など)を偽装したものが多く
From欄の情報を用いたフィルタリングではSpam以外のメールまでが
削除の対象になってしまうのでフィルタリング規則の策定も面倒だ。

ビジネス専用メールアカウントならば本文中にキーワードが含まれているか
否かでフィルタリングを作ることもできるが、万が一、取引相手からの
メールまで削除してしまうと大変なことになる。

友達と連絡を取ることもあるアカウントではフィルタリングルールの設定はより骨が折れる作業になるだろう。

同法の成立で、クライアント/サーバ の両方にとってフィルタリングルールの策定が楽になるかもしれない。スパム送信業者はフリーアドレスを何度も変更しながらスパムを送ってくるだろうが、フリーメールアドレスのサービス提供業者がアカウント取得のための手続きをより厳格化することでスパム送信業者はより困難な状況になるだろう。願わくば、ネットワークの世界からいなくなってほしいものだ。

同法の早期の施行を切望する。

|

« HTTの脆弱性(その2) | トップページ | WinXPでWPA2をサポートするアップデータが公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/4168351

この記事へのトラックバック一覧です: 改正電子メール法成立:

« HTTの脆弱性(その2) | トップページ | WinXPでWPA2をサポートするアップデータが公開 »