« 改正電子メール法成立 | トップページ | 表現の仕方 »

2005/05/17

WinXPでWPA2をサポートするアップデータが公開

参考:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0505/13/news023.html
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=662bb74d-e7c1-48d6-95ee-1459234f4483

無線LANでアクセスポイントとクライアント間の通信を暗号化するWPA2を使用可能にするアップデータが公開された。ただし、WPA2による暗号化通信を行うためにはアクセスポイントも対応している必要がある。ファームウェアのアップデートで対応できる場合もあるのでベンダーのサイトをチェックしてみよう。

WPA2と合わせてSSIDの隠蔽、Macフィルタリングなどを行うことでよりセキュアな無線LAN環境の構築が行える。

今まではWPA2を利用するためにはドライバ以外に余分な機能がごちゃごちゃついた専用アプリケーションをインストールしなければいけないなど頭の痛くなるものだった。 今回のアップデートでWindowsXPがネイティブに対応したことでこういったツールが不要になる。喜ばしいことだ。

|

« 改正電子メール法成立 | トップページ | 表現の仕方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/4170916

この記事へのトラックバック一覧です: WinXPでWPA2をサポートするアップデータが公開:

« 改正電子メール法成立 | トップページ | 表現の仕方 »