« [ sysadmin] 起動しない XP を高速で復旧する方法 | トップページ | [ science ] ドードーの全身骨格が発見される »

2006/06/25

[ science ] 鳥インフルエンザ、人から人への感染を確認

WHO の研究で H5N1 型インフルエンザウィルス、いわゆる鳥インフルエンザに感染して死亡したあるインドネシア人の男性は、10歳になる息子から伝染していたことがわかった。今回の発見が、鳥インフルエンザウィルスが人から人へと感染した最初の事例となる。

WHO はこの少年に感染したウィルスがわずかに変異を起こしていることも発見した。とはいえ急速に感染を広めるようなことはないと予想されているのが不幸中の幸いか。

今回の変異でもっとも重要で驚異的なことは、「人から人へ伝染する」ようになったことだろう。 いままでは、人から人へ伝染することがめったになかったため、鳥と非常に近いところで暮らしているわずかな人間にしか感染しなかった。しかし、今回検出されたウィルス株と同じ形質を持ったウィルスが野鳥に感染していた場合は、感染地域がより広範囲になることが予想される。人から人へ感染するのだから、渡り鳥に接触することがほとんどない都市部で暮らす人間にも鳥インフルエンザが感染する可能性がある。

人口密度が高い都市部で感染者が出れば、そこから大流行する可能性も否定できない。H5N1型インフルエンザウィルスはインフルエンザの中では致死率が高いため、そうなった場合の被害も小さくないのではないだろうか?被害を少なくするためにも予防接種を推奨するなどの対策が政府に求められる。

Reference
Human-to-Human Infection by Bird Flu Virus Is Confirmed
( The New York Times, Elisabeth Rosenthal, 2006/06/24 )

|

« [ sysadmin] 起動しない XP を高速で復旧する方法 | トップページ | [ science ] ドードーの全身骨格が発見される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/10667353

この記事へのトラックバック一覧です: [ science ] 鳥インフルエンザ、人から人への感染を確認:

« [ sysadmin] 起動しない XP を高速で復旧する方法 | トップページ | [ science ] ドードーの全身骨格が発見される »