« 貼ってはがせるホワイトボード | トップページ | [ Python ] Installing TurboGears for Windows »

2006/07/08

[ review ] ヤバい経済学 読了

Freakonomics

ヤバい経済学 ( 通称 Freakonomics ) 読了。

世の中にある、多くの人がこうに違いないと信じきってしまっていること -- Steven D. Levitt は通念と呼ぶ -- や、普段あまり気に留めないことを違う角度から見るとどうなるか。実に鋭い考察だ。

たとえば、1990年代初めのアメリカでは犯罪がどんどん増えていた。1980年からの犯罪発生回数をグラフにするとうなぎのぼりといってもいいほどだった。1995年には、犯罪はもっともっと増えるといわれていたが・・・。2000年になるとがっくりと減ってしまった。この理由については、「景気がよくなったから」とか「画期的な犯罪取締り」といった説が広く受け入れられている。しかし、著者はこれに一石を投じたのだ。「データはそんなことは反映していない。もっと別の理由があるのだ」と。わたしはまず驚き、そして納得した。

Don't Politic, Use Data.

本書ではこの姿勢が貫かれている。 "Don't Politic, Use Data." は Google が掲げるイノベーションのための9箇条にもあるデータドリブンの原則をうたったものだが、研究者にとっても必須といえる「お約束」だ。しかし、いざ実践するとなると非常に難しい。妥当性のあるデータを見つけるのも一苦労だし、膨大なデータの山をどの角度から見たらいいものかといつも悩む。

ヤバい経済学を日々のあれこれに応用するとき、少なくとも1つ、いつも底のほうに流れているものがある。それは ( 中略 ) 筋の通った考え方をするということだ。そのために必要なのは、新しい見方をする、新しい理解の仕方をする、新しい測り方をする、そんなことだ。

( 終章より抜粋 )
という著者のデータの集め方、視点の角度の付け方はとても参考になる。

なお、原著は経済学の教科書としても使われるようになり、その補助として Freakonomics Study Guides まで書かれています。筆者 Steven D. Levitt の Web サイトはこちら。 Freakonomics Study Guides は こちら。

|

« 貼ってはがせるホワイトボード | トップページ | [ Python ] Installing TurboGears for Windows »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/10848059

この記事へのトラックバック一覧です: [ review ] ヤバい経済学 読了:

» 【評価ギャップ】『ヤバい経済学』@すべては人の心次第 [今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜]
本の評価について、周囲の人との間でこれほど意見が割れたのは久しぶりでした。なんだかヤバく愉快♪ 『ヤバい経済学』(スティーヴン・D・レヴィット著) このブログで何度もご登場いただいている土井英司さんがメ... [続きを読む]

受信: 2006/07/17 13時03分

« 貼ってはがせるホワイトボード | トップページ | [ Python ] Installing TurboGears for Windows »