« [Python] Miller-Rabin テスト作成中 | トップページ | [Python] Miller-Rabin Pseudoprime Test »

2006/09/27

[mobile] type-U に新しいオプション

9/27 に発表された内容によると、Type-U で新しいオプションが登場したようだ。

いままでは外部記憶媒体にフラッシュメモリを選んだ場合、ゼロスピンドルモデルでは16GBしか選択肢がなかった。Vista ( 開発コード名 Longhorn ) β をインストールしたことがある方ならわかると思うが、Vista β と普段使うアプリケーションをインストールしたらそれだけで 10GB 以上消費してしまう ( そもそも10GB のパーティションにインストールしようとすると、インストール時のチェックで弾かれる )。

ついでに Vista β は起動するだけで 500MB ものメモリを消費する。Type-U に搭載されるメモリは 512MB だ。メモリもちょいとばかしつらい。フル機能の Vista を従来の Type-U で動かすのは無謀というものだろう。

それを鑑みてか、オーナーメイドオプションにフラッシュメモリ32GB と メインメモリ1GB が新しく追加された。 ただし、価格がすさまじい。メインメモリを 1GB にできるのは CoreSolo U1400 を選択したときだけで、フラッシュメモリ32GBと合わせると軽く30万を超える。

最上位 CPU にすることで価格が跳ね上がるのはわかる。しかし、フラッシュメモリと DRAM の低価格化が進んだ現在でこの2つのオプションでとんでもない金額に跳ね上がるのは少々納得が行かない気がする・・・

HDD タイプなら最高スペックにカスタムしても 20万ですむので、こちらの方が現実的な選択かもしれない。

|

« [Python] Miller-Rabin テスト作成中 | トップページ | [Python] Miller-Rabin Pseudoprime Test »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/12061236

この記事へのトラックバック一覧です: [mobile] type-U に新しいオプション:

« [Python] Miller-Rabin テスト作成中 | トップページ | [Python] Miller-Rabin Pseudoprime Test »