« [ 政治 ] 天下り撤廃に反対した議員を懲戒免職にしない限り票を入れないバトン | トップページ | [ 戯言 ] イノベーションを阻害する10の方法 »

2006/12/26

[ python / ubuntu / linux ] ubuntu に Python2.5

Ubuntu japanVMPlayer 用のイメージが用意されていたので早速 DL して使ってみることにした。やっぱり再起動とかは面倒だし、仮想化技術って便利だね。

操作はいたって簡単で、イメージをダウンロードして VMPlayer に読み込ませるだけ。 ユーザ名とパスワードの設定をすればすぐにログオンして操作できるようになります。 とはいえ、セキュリティーホールやバグの問題があるので、ログオンしたらすぐに システム -> システム管理 -> アップデートマネージャ を起動して更新します。 アップデートが終わったら「サービスの管理」もチェックして不要なサービスは停止。

まずはアップデートとサービスの確認

さて、わたしは Python をよく使います。というか必須です。入ってるか確認すると一応入ってはいるのですが、2.4.3 と古いです。パッケージを探しても内容なので Python2.5 のソースを落としてきてそれをコンパイルすることにします。

、このイメージには autoconf, automake, libtool, subversion などが入っていないので、Python のビルドをする前に sudo apt-get install で入れておきましょう。

2006.12.28 追記
公開されているイメージには zlib1-dev と libreadline5-dev も入っていないようです_| ̄|○il|!
Python のビルドを開始する前に zlib1-dev と libreadline5-dev も apt-get install してください。havana 情報 THX!
2007.01.02 追記
RedHat 系だけでなく Debian 系でも /etc/ld.so.conf には /usr/local/lib の記述がありません。ld.so.conf に /usr/local/lib を追記したほうがいいみたい。また、自前ビルドでライブラリを入れた場合は ldconfig が必要になるようです。

必要なパッケージを入れたら、Python2.5 のソースを展開したディレクトリに移動して

autoconf
./configure
make
sudo make install

あとは必要な拡張モジュールを DL してきて追加しましょう。古い Python インタープリタは「 Synaptic パッケージマネージャ」から削除できます。 バージョン依存のツールもあったりするので、2.4 も残しておいた方がいいそうです。

Reference
Linux Program Library HOWTO: 3. 共有ライブラリ (原著:David A. Wheeler, 訳:川崎 貴彦 )
Why LD_LIBRARY_PATH is bad. ( David Barr )
共有ライブラリをシステムに認識させるには ( 2002/5/16, @IT, 北浦訓行 )

|

« [ 政治 ] 天下り撤廃に反対した議員を懲戒免職にしない限り票を入れないバトン | トップページ | [ 戯言 ] イノベーションを阻害する10の方法 »

コメント

RedHat系でもそうだけどライブラリのヘッダは標準インストールだと入ってないことが多いよ。
開発向けインストールを選ぶと入ったり入ん無かったり。
*BSDのportsとかGentooなんかはパケジがバイナリでなくてオリジナルのソースコードとそれへのパッチで構成されてるので勝手にはいるなあ。

投稿: havana | 2006/12/29 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/13212328

この記事へのトラックバック一覧です: [ python / ubuntu / linux ] ubuntu に Python2.5:

« [ 政治 ] 天下り撤廃に反対した議員を懲戒免職にしない限り票を入れないバトン | トップページ | [ 戯言 ] イノベーションを阻害する10の方法 »