« [ Vista ] ネット経由のアクティベーションに失敗したら・・・ | トップページ | [ニッキ] 口内炎が・・・ (>_< ; ) »

2007/10/22

[python] Python の三項演算子は使いづらい

Python の三項演算子は使いづらいなと思った。
Ruby とかの三項演算子に比べてだけど・・・

Ruby とかの三項演算子は (条件) ? (True のとき) : (False のとき) って書き方で、これは英文の if ... then ... else ... にそのまま対応しているから覚えやすい ( Ruby は if ~ が式として値を返すから if ... else を三項演算子として使うこともできるらしい )。

それに対して Python だと (True のとき) if (条件) else (False のとき) って書かなきゃならない。ソースを読んでいる途中で実は三項演算だった ( Tue のときの処理が長かった場合とかね ) ってこともあってびっくりすることがある。そうでない場合でも、なんとなくだけど「違和感」を感じてしまうのだ。

あと、yield が式になったのだから、raise も式にしてほしいと思う。

何を使いやすいと感じるかは人それぞれだけどさ。

|

« [ Vista ] ネット経由のアクティベーションに失敗したら・・・ | トップページ | [ニッキ] 口内炎が・・・ (>_< ; ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/16837645

この記事へのトラックバック一覧です: [python] Python の三項演算子は使いづらい:

« [ Vista ] ネット経由のアクティベーションに失敗したら・・・ | トップページ | [ニッキ] 口内炎が・・・ (>_< ; ) »