« [ IronPython / VS2008 ] IronPython Studio 登場 | トップページ | [ python ] CRC32 を文字列で取得する »

2007/12/14

[ Vista SP1 RC1 ] Service Pack1 RC1 入れてみた

上司から「Vista に SP1 βをインストールしろ。アップグレードでだ」と言われて仕方なくインストールしてみた。 わざわざ「アップグレード」と指摘してくるあたり、わかってます。

ええ、普段なら絶対にやらないからね。
アップグレードインストールなんて

ベータ版のアップグレードインストールなんて涙が出てきます。が、仕方ないので MSDN のサイトを覗いてみると、RC1 が出ていたのでベータではなく RC1 を入れました。

インストール自体は XP よりも簡単になっています。今まではアップグレードインストールの場合、途中で「再起動してください」というダイアログが何度も表示されてその度に手動で再起動しなければなりませんでしたが、Vista では最初に「自動で再起動する」というチェックボックスを ON にしておけば、勝手に再起動とインストール処理を繰り返してくれます。

省電力機能が働かなければね (T▽T)

インストール処理の途中で省電力機能が動作すると悲しいことになりますので、SP1 のインストールを始める前に必ず電力設定を確認しましょう。

で、やっとインストールが終わったわけですが、軽くなるどころかさらに重くなっているみたいなんですが orz
起動時間延長
もっさり感アップ

原因としては、起動時に読み込むファイルが置き換えられているため、以前デフラグした効果がなくなっていることが考えられます。1週間ほど運用してから defrag /b を行うと変わってくるかもしれません。

ほかに気づいたことがあればだらだらと書いていこうかなと (´・ω・`)

|

« [ IronPython / VS2008 ] IronPython Studio 登場 | トップページ | [ python ] CRC32 を文字列で取得する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/17366460

この記事へのトラックバック一覧です: [ Vista SP1 RC1 ] Service Pack1 RC1 入れてみた:

» Windows Vista SP1 RC [ブレインズのブログ]
Windows Vista SP1 RCが公開されたので入れてみました。 SP1のインストールには、ダウンロードも含め2時間程度かかりました。 その結果はというと。 インストール後の再起動では全く問題なし。 ただし、インストールの後処理の関係か、 ハードディスクはカリカリ....... [続きを読む]

受信: 2007/12/15 14時25分

« [ IronPython / VS2008 ] IronPython Studio 登場 | トップページ | [ python ] CRC32 を文字列で取得する »