« [ ニッキ ] CapsLock が打てない | トップページ | [ dev / SDK ] Touchless SDK »

2008/09/09

[ Solaris ] NIC のリンクスピード、duplex を確認する方法

ndd コマンドを使用します。


// 現在のリンクスピード確認
ndd -get (インターフェイス) link_speed

// duplex 確認
ndd -get (インターフェイス) link_mode

// 自動ネゴシエーション確認
ndd -get (インターフェイス) adv_autoneg_cap

実行例


# ndd -get /dev/dmfe0 link_speed
100
# ndd -get /dev/dmfe0 link_mode
1
# ndd -get /dev/dmfe0 adv_autoneg_cap
1

それぞれの結果は以下の通り。

link_speed
10 10Mbps
100 100Mbps
1000 1000Mbps ( 1Gbps )
link_mode
0 half duplex ( 半二重通信モード )
1 full duplex ( 全二重通信モード )
adv_autoneg_cap
0 自動ネゴシエーションを行わない
1 自動ネゴシエーションを行う

なお、使用可能な通信モードは以下のコマンドで確認できます。実行した結果が 0 ならば使用不可能、1 ならば使用可能、"Invalid argument" のようなエラーが表示された場合はそもそもその通信モードに対応していないということです。

// 半二重 10Mbps 通信が使用可能か
# ndd -get (インターフェイス) adv_10hdx_cap

// 全二重 10Mbps 通信が使用可能か
# ndd -get (インターフェイス) adv_10fdx_cap

// 半二重 100Mbps 通信が使用可能か
# ndd -get (インターフェイス) adv_100hdx_cap

// 全二重 100Mbps 通信が使用可能か
# ndd -get (インターフェイス) adv_100fdx_cap

// 半二重 1000Mpbs ( 1Gbps ) 通信が使用可能か
# ndd -get (インターフェイス) adv_1000hdx_cap

// 全二重 1000Mbps ( 1Gbps ) 通信が使用可能か
# ndd -get (インターフェイス) adv_1000fdx_cap

1台のマシンがネットワーク負荷を高めてしまうのを防ぎたいなどの理由で、通信モードを無効にしたい場合は以下のようにコマンドを実行します。

// 半二重 1000Mbps ( 1Gbps ) を無効にする
# ndd -set (インターフェイス) adv_1000hdx_cap 0

// 全二重 1000Mbps ( 1Gbps ) を無効にする
# ndd -set (インターフェイス) adv_1000fdx_cap 0

|

« [ ニッキ ] CapsLock が打てない | トップページ | [ dev / SDK ] Touchless SDK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/42425988

この記事へのトラックバック一覧です: [ Solaris ] NIC のリンクスピード、duplex を確認する方法:

« [ ニッキ ] CapsLock が打てない | トップページ | [ dev / SDK ] Touchless SDK »