« [ Windows ] Windows8 Release Preview を入れてみました | トップページ | [ Windows8 ] クラシックコントロールパネルを表示する方法 -- その 1 »

2012/06/07

[ 備忘録 ] Windows Server に BitLocker をコマンド一発でインストールする

クライアント OS である Windows Vista/7/8 では使用可能なエディションであれば最初から入っている BitLocker ですが、なぜか Windows Server では手動で有効化する必要があります。

BitLocker の有効化は GUI からでもできるのですが、サーバ版ではその画面に行くまでが面倒です。できれば一発で済ませたいもの。

コマンドプロンプトで↓をコピペして実行してください。

ServerManagerCmd -install BitLocker -restart

BitLocker 機能のインストールから再起動まで自動で実行します。
( 再起動するまで BitLocker の有効化は完了しません )

再起動後にコントロールパネルの「システムとセキュリティ」を開くと BitLocker ドライブ暗号化の項目が追加されています。

BitLocer 有効化後のコンパネメニュー

|

« [ Windows ] Windows8 Release Preview を入れてみました | トップページ | [ Windows8 ] クラシックコントロールパネルを表示する方法 -- その 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/54897262

この記事へのトラックバック一覧です: [ 備忘録 ] Windows Server に BitLocker をコマンド一発でインストールする:

« [ Windows ] Windows8 Release Preview を入れてみました | トップページ | [ Windows8 ] クラシックコントロールパネルを表示する方法 -- その 1 »