« [ 自作PC ] XP 延命パーツ | トップページ | [ Linux / 備忘録 ] CentOS 6.4 で glibc をスタティックリンクする方法 »

2013/10/22

[ 自作 PC ] G-SYNC 対応ディスプレイは高めになりそう

NVIDIA が発表した G-SYNC は実現されればゲーマーにとって厄介な tearing/stuttering 問題を解決する福音となることから、ゲーマー向け情報サイトでも取り上げられています。( 4gamer さんの記事で詳しく説明されています )

ASUS も乗り気で R.O.G シリーズで G-SYNC に対応することを G+ の投稿で匂わせています。

しかし、G-SYNC に対応したディスプレイは高価になり、また消費電力が増大する ( ≒ 発熱の問題 ) も発生しそうです。

というのも、こちらの記事を読むと、モニタに G-SYNC モジュールと呼ばれるものを組み込む必要があるとされているのです。

今のところ G-SYNC に対応したディスプレイ製品の発表はありませんが、ミドルハイからハイエンドグラフィックボード並みの価格になってしまうのかもしれません。

|

« [ 自作PC ] XP 延命パーツ | トップページ | [ Linux / 備忘録 ] CentOS 6.4 で glibc をスタティックリンクする方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103108/58431996

この記事へのトラックバック一覧です: [ 自作 PC ] G-SYNC 対応ディスプレイは高めになりそう:

« [ 自作PC ] XP 延命パーツ | トップページ | [ Linux / 備忘録 ] CentOS 6.4 で glibc をスタティックリンクする方法 »